熱帯魚の種類・飼育方法

熱帯魚の魅力

熱帯魚とは、一般的に熱帯や亜熱帯地方等に生息する、色彩や形の美しい観賞魚のことを言います。
有名なものには、グッピー、ネオンテトラ、エンゼルフィッシュ、ディスカスなどがいます。
少し怖いですが、ピラニアも熱帯魚です。

 

90年代頃に一度ブームがありましたが、「ファインディング・ニモ」や「癒しブーム」の影響で、クマノミを始め熱帯魚が注目されているようです。

 

その熱帯魚の魅力は、まず多種多様な美しい魚がいること、その美しさで、インテリアとしての働きもしてくれることでしょうか。
イヌ、ネコ同様ペットとしての癒し効果も期待できますし、生き物を飼うことで命の大切さも体験でき、子供の情操教育にも大変効果的だと思います。

 

水槽の温度管理や照明といった飼育用の機材にややお金がかかるデメリットがありますが、飼育の簡単な熱帯魚であればしつけや散歩といった毎日の手間のかかるイヌやネコと比べれば、最終的には楽と言えるのではないでしょうか。
もちろん、全ての熱帯魚がそうではないので、買う時には店員の方によく聞いておくことが大事です。

 

熱帯魚の飼育と共に水草の飼育・栽培をすること、またはそのそのために作られた水槽のことを水生生物の飼育設備を指す「アクアリウム」と呼び、その愛好家を「アクアリスト」と呼びます。
アクアリウムは、世界に約6000万人もの愛好家がいる人気の趣味です。
熱帯魚を買うのならアクアリストと呼べるようにがんばってみるのはどうでしょうか?