熱帯魚の健康管理をする

熱帯魚の健康管理をする

熱帯魚の健康管理をするということは、熱帯魚にとって居心地のいい環境を作ってあげることです。
その熱帯魚に合った生活環境を整えてあげることが日頃の健康管理に繋がります。
まず、水槽をきれいにしましょう。
こけや藻などが付着しすぎていませんか?
そういった場合は水槽の掃除をしてください。
こけや藻を食べてくれる魚も一緒に飼育すると効果的です。
水温の確認も重要になります。
熱帯魚にとって、低すぎず、高すぎずといった温度管理をしていくことが熱帯魚の健康に繋がるはずです。
フィルターはこまめに掃除するようにします。
放っておくと水質維持が難しくなります。
水質の確認も忘れずに。
時々は水を交換します。
水草の状態も確認しましょう。
照明を適度に当て、全ての熱帯魚の動きをよく観察するようにしてください。
動きがいつもと違う熱帯魚はいないでしょうか?
水槽の大きさや熱帯魚の数は妥当かどうかを確認する必要もあります。

熱帯魚が過ごしやすい環境を作ってあげることが、病気にさせないためになによりも必要なことです。
熱帯魚が病気になっても診てくれる動物病院を探すのは大変です。
熱帯魚を飼うときは病気についても勉強をしなければなりません。
ネットや本を活用したら、詳しく対応の仕方が書いてあったりします。
参考にしてみてもいいでしょう。
熱帯魚を扱っているショップでもいろいろ教えてくれる場合があるかもしれません。
病気になったときの対応の仕方も覚えていきましょう。
対応が遅いと全滅してしまうこともあります。

熱帯魚の健康管理をする関連ページ

熱帯魚のかかる病気って?