熱帯魚の種類・飼育方法

熱帯魚の種類と特徴記事一覧

エンゼル・フィッシュの特徴と飼い方

エンゼル・フィッシュは、熱帯魚の代名詞的存在の最もポピュラーな魚のひとつです。その上下に鰭の伸びた特異な体型は、正に「天使」と呼ぶにふさわしく、優雅で華麗です。生息地は南アメリカのアマゾン川の南米の水系原産の熱帯魚です。特徴は全長12cm-15cmほどで、体は木の葉のように左右に平たい。さらに背びれ...

≫続きを読む

 

オスカーの特徴と飼い方

オスカーは、アマゾン川流域を中心とした南アメリカに分布している熱帯魚です。アフリカ・南米に住む熱帯魚を生きたままヨーロッパに運び研究・鑑賞用として飼育したのが熱帯魚飼育の始まりといわれています。それから何十年という時間を経て、一般の人達にも熱帯魚の存在が知られるようになって徐々に普及してきました。オ...

≫続きを読む

 

シルバーアロワナの特徴と飼い方

シルバーアロワナは、実はおよそ5000万年前から、姿が変わっていないので、古代魚に分類されることもあります。アマゾン川の上流から下流まで、ペルー、ブラジル、南米ギアナなど広範囲に生息していて、水面の近くで泳ぐ最も有名な種類です。稚魚から100cmぐらいの成魚まで手に入ります。シルバーアロワナの体は、...

≫続きを読む

 

ゼブラ・キャットの特徴と飼い方

ゼブラ・キャットは、アマゾン川の上流域に生息するナマズ目の淡水魚です。この種は、当初アマゾン川の支流に当たるマデイラ川が生息地とされてましたが、最近では、ペルー領内のアマゾン川上流域をはじめとして、各所で発見されています。生息地によって体色や体の模様に差異があることも知られています。視力は弱く、ほと...

≫続きを読む

 

グッピーの特徴と飼い方

グッピーはラテンアメリカ原産の熱帯魚で、グッピー氏によって発見されその名が付けられています。全長約5cmの小さな魚で、卵胎生を行います。熱帯魚、と聞くとグッピーが出てくる人も多いでしょう。それくらい古くから熱帯魚として親しまれています。日本にも輸入され、日本で繁殖されたものを国産グッピー、海外のもの...

≫続きを読む

 

クラウン・ローチの特徴と飼い方

クラウン・ローチは、南アジアに生息するドジョウの仲間です。一般的なドジョウのイメージと異なり、ひも状の体型でなく若干側偏しています。アクアリウムにおける愛称である「クラウンローチ」とは、その特徴的なオレンジ色と黒褐色の縞が交互に入る模様をピエロ(clown)の衣装の柄に例えたものです。クラウン・ロー...

≫続きを読む

 

スポッテド・ガーの特徴と飼い方

「スポッテッド・ガー」はスポッテドガーと呼ばれる熱帯魚で、メキシコやフロリダ州周辺に分布しています。ミシシッピー川流域、エリー湖とミシガン湖など流れのゆるやかな河川や湖沼に広く生息し、水草のよく茂るような環境を好みます。「スポッテッド・ガー」は、熱帯魚ショップで見られるポピュラーな種類です。スポッテ...

≫続きを読む

 

ダトニオの特徴と飼い方

ダトニオは東南アジアに生息するダトニオ科の魚の総称です。ダトニオは最大の種で60cmに達する大型のスズキ目の魚です。黄色の地に黒い縞模様が入る独特の模様から「タイガーフィッシュ」と言う別名で呼ばれています。非常に希少なタイのチャオプラヤ水系、メコン水系上・中流域に生息する「シャム・タイガー」と、今の...

≫続きを読む

 

ディスカスの特徴と飼い方

「ディスカス」は、南米のアマゾン川流域に生息するシクリッドの種類の仲間ですが、その名前は、体型が円盤(ディスク)のような形をしていることからつけられました。熱帯魚ディスカスの原種については、原種ディスカスは、改良種に比べると色合いが比較的地味なので、人気が低く見られがちな熱帯魚です。しかしながら、手...

≫続きを読む

 

トロピカル・ジャイアント・ガーの特徴と飼い方

トロピカル・ジャイアント・ガー(通称トロジャン)はガーの中ではアリゲーターガー(最大3m近く成長する)に次いで大きく自然界では150cmを超える大型魚です。生育地は中米、メキシコに生育しています。特徴としてはガーの中では暖かいところに生息する種類で、色柄にはかなり個体差があります。知らない人がその姿...

≫続きを読む

 

ノーザン・バラムンディの特徴と飼い方

ノーザン・バラムンディの特徴は、鱗片の中央に三日月状の模様が入ることでしょう。オーストラリアとニューギニアに生息しています。色は銀色ですが、ニューギニア産の個体はすこし黒っぽいのが特徴です。体型はアジアアロワナに似ています。アロワナたちもそうですが、オーストラリアは太古の姿を留めた生物がたくさんいま...

≫続きを読む

 

ピクタス・キャットの特徴と飼い方

ピクタス・キャットは、南米ペルーやベネズエラに生息するナマズの仲間です。ピメロドゥス・ピクタスとも呼ばれています。銀白色のボディーにブラックのスポットが入っていて、ひげが長く伸びておりその姿は美しく人気があります。非常に活発に泳ぐナマズの仲間で、シルバーのボディーに黒いスポット、また長い口ひげが目を...

≫続きを読む

 

ピラニア・ナッテリーの特徴と飼い方

ピラニア・ナッテリーはアマゾン河に生息する口元がやや赤くなる鋭い歯を持ったカラシンの仲間で、ずんぐりとした体格をしており、近縁がネオンテトラ(熱帯魚)です。ピラニアの仲間ではこのナッテリーが最もポピュラーで、飼育もそれほど難しくありません。体長は30cmあります。飼育に関しては、少数飼育でなく群れで...

≫続きを読む

 

フラワー・ホーンの特徴と飼い方

フラワー・ホーンは、マレーシアのブリーダーが所有する池に複数のアメリカンシクリッドが飼育されていた中から、偶然にもノーマル体色のフラミンゴ・シクリッドとトリマクラートゥスがペアになり産卵に至ったとされています。「フラワーホーン」という呼称が広く知られるようになったのは2001年シンガポールで行われた...

≫続きを読む

 

ベタの特徴と飼い方

ベタは闘魚とも呼ばれる、メコン川流域原産の熱帯魚です。オス同士を混泳させるとケンカを始めてしまうため、オス同士を戦わせるようになり「闘魚」の名が付けられています。闘魚としての品種改良の結果、体色の鮮やかな品種が生まれ、その美しさを求める品種改良を加えた結果、目の覚めるような青や赤の体色で、ヒレの長い...

≫続きを読む

 

レッド・テールキャットの特徴と飼い方

レッド・テールキャットとは、ナマズ目ピメロドゥス科に属する淡水魚で、別名「レッドテールキャットフィッシュ」とも呼ばれています。なんといっても愛嬌のある顔と容姿が最大の魅力です。体長は最大で約120cm。熱帯産大型ナマズの人気種であり、ペットショップでは5p程の幼魚が出回っています。最近ではタイガーシ...

≫続きを読む