ノーザン・バラムンディの特徴と飼い方

ノーザン・バラムンディの特徴と飼い方

ノーザン・バラムンディの特徴は、鱗片の中央に三日月状の模様が入ることでしょう。
オーストラリアとニューギニアに生息しています。
色は銀色ですが、ニューギニア産の個体はすこし黒っぽいのが特徴です。
体型はアジアアロワナに似ています。
アロワナたちもそうですが、オーストラリアは太古の姿を留めた生物がたくさんいます。
今から約5000万年前に誕生したと言われていますが、高等な哺乳動物が入り込まなかったため原始的な哺乳類が生き残ることができ、独自の進化を遂げてきたと言われています。
しかし、釣り雑誌などで特集されているバラムンディとは別種であり、そちらの種は熱帯魚ルートでシーパーチというインボスネームで入荷されています。
ノーザン・バラムンディは現地ではスポッテッド・バラムンディと共にサラトガとも呼ばれています。
飼育については特に難しい点はありません。
性質的にが荒い面があり、他の種の熱帯魚を共生させるには注意が必要です。
特に、同種間で争うので、体形が違った魚種を選ぶと成功する事が多いようです。
ノーザン・バラムンディの体長は90cmで、適した水温は25℃程度、水質はpH6前後・弱軟性で、エサはアカムシ・金魚・コオロギなどを好みます。
稚魚のうちからいっしよに共生させていれば成功することが多いようです。
ノーザン・バラムンディは成長と共に徐々に気性が激しくなるようなので、成長と共にバランスが崩れてしまう可能性は考慮する必要があるでしょう。