ベタの特徴と飼い方

ベタの特徴と飼い方

ベタは闘魚とも呼ばれる、メコン川流域原産の熱帯魚です。
オス同士を混泳させるとケンカを始めてしまうため、オス同士を戦わせるようになり「闘魚」の名が付けられています。
闘魚としての品種改良の結果、体色の鮮やかな品種が生まれ、その美しさを求める品種改良を加えた結果、目の覚めるような青や赤の体色で、ヒレの長い観賞用の品種が誕生しました。
闘魚としての性質から、ベタは基本的に1匹のみで飼うことになります。
ベタの特徴として、ある程度の水質にも耐えられる丈夫な魚であること、空気中の酸素を直接取り入れることができるため、コップなどでも飼育できてしまうこと、1、2日餌を忘れても死なないこと、急激な温度変化には弱いことがあげられます。
以上を踏まえた上で水槽を準備します。
ベタは単独で飼うため、ヒレを広げられる30センチ程度の水槽で十分です。
温度変化に弱いのでヒーターは必ず付けましょう。
適温は25度前後のようです。
ベタはそれほど水質にうるさくはありませんが、小さい水槽やビンで飼うと水質悪化が早いので週に1回くらいの水換えはしましょう。
水が汚いと観賞用なのによく見えないのでもったいないです。
ただし、全ての水を取り換えるとベタへの負担が大きいので避けましょう。
餌は赤虫や、ベタ用の人工餌も販売されています。
餌の与えすぎは食べ過ぎや残った餌で水質を悪化させることにつながるので与えすぎず、残った餌は取り除きましょう。
ベタは威嚇行為で美しいひれを大きく広げるフレアリングという行為を行います。
これをしないとヒレがくっついて開かなくなってしまうので、毎日数回鏡を見せてフレアリングをさせてあげましょう。