トロピカル・ジャイアント・ガーの特徴と飼い方

トロピカル・ジャイアント・ガーの特徴と飼い方

トロピカル・ジャイアント・ガー(通称トロジャン)はガーの中ではアリゲーターガー(最大3m近く成長する)に次いで大きく自然界では150cmを超える大型魚です。
生育地は中米、メキシコに生育しています。
特徴としてはガーの中では暖かいところに生息する種類で、色柄にはかなり個体差があります。
知らない人がその姿を見ると、ワニを想像するほど印象的な魚であると同時に、恐怖まで与えてしまうのがトロピカル・ジャイアント・ガーです。
古くは『幻のガーパイク』なんて言われていましたが、最近では半養殖個体がコンスタントに輸入されるようになり、価格も安価になり、憧れを抱いていた方には、喜ぶべきことなのか悲しいことなのか、複雑です。
飼育に関しては非常に体が硬く水槽飼育下では旋回が苦手です。
その為、奥行がかなり必要なので出来る限り奥行のある水槽を用意します。
特有の体形を持ち、水槽の上層部を悠々と泳ぎまわる姿は、とても印象深い熱帯魚です。
体表は、ガノイン鱗に被われており、身体も硬いのが特徴です。
熱帯魚の種類の魚が、一番かかりやすい病気は白点病という病気です。
そのほかにもは、コショウ病、マツカサ病、穴あき病、眼球の白濁・突出といろいろとありますが、すべての病気の原因は、まずは第一に水質・環境の急変・変化、水質悪化による在中菌の増殖・細菌の発生や新しく導入した魚(生餌を含む)からの細菌感染であったりもします。
白点病は、人間に置き換えれば風邪のような病気です。
直ちに適切な処置をしてあげましょう。