ダトニオの特徴と飼い方

ダトニオの特徴と飼い方

ダトニオは東南アジアに生息するダトニオ科の魚の総称です。
ダトニオは最大の種で60cmに達する大型のスズキ目の魚です。
黄色の地に黒い縞模様が入る独特の模様から「タイガーフィッシュ」と言う別名で呼ばれています。
非常に希少なタイのチャオプラヤ水系、メコン水系上・中流域に生息する「シャム・タイガー」と、今の輸入の主流であるカンボジアのメコン水系下流域に生息するものを「カンボジア・タイガー」と呼び区別しています。
このほか、ダトニオイデス・ミクロレピスは、スマトラ島、ボルネオ島などに分布しており、体長40cm〜60cm位あります。
スマトラのムシ水系に生息するダトニオは、古くから「リアルバンド」「スマトラタイガー」の愛称で親しまれています。
ダトニオの飼い方は、まずは水槽については、大型になると最終的に120cm以上の水槽が必要になります。
ろ過については非常に大食漢で水をよく汚す種なので、大型のろ過装置が必要になります。
体長が30cm程度と小型な種は90cm水槽でも管理可能です。
他の大型魚に比べて成長は早いとは言えないので、水槽の買換え次期には余裕があります。
餌については、棲息環境に慣れてしまえば何でも食べます。
感染しやすい病気については、やはり幼魚時では罹りやすい面を持ち合わせています。
白点病、水質悪化によるエロモナス症など、大型魚とはいえ普通の熱帯魚と同じ病気に罹るので、水質・水温管理は徹底する必要があります。
他の種類の熱帯魚との共生は、肉食なので口に入りそうな小魚との共生はできません。