シルバーアロワナの特徴と飼い方

シルバーアロワナの特徴と飼い方

シルバーアロワナは、実はおよそ5000万年前から、姿が変わっていないので、古代魚に分類されることもあります。
アマゾン川の上流から下流まで、ペルー、ブラジル、南米ギアナなど広範囲に生息していて、水面の近くで泳ぐ最も有名な種類です。
稚魚から100cmぐらいの成魚まで手に入ります。
シルバーアロワナの体は、その名の通り銀色に光り、背びれ、尾びれ、尻びれはピンク色の波模様が入り、うろこの縁もピンク色です。
シルバーアロワナはアロワナ類の中で人気が高く、熱帯魚ショップにはほとんどおいてあり、まずはシルバーアロワナは、一般にアロワナと言えばこの種類を指すことが多いようです。
また成長するとよほどうまく飼育してやらない限り、目だれを起こしたり体型が崩れたりするため、飼育は難しいアロワナだと思われます。
飼育には、かなり大きめの水槽が必要なので、そのことは十分考慮する必要がああります。
軽く50cmを超えるので、飼育には最低でも150cmクラス以上の水槽が必要となります。
飼育者にもよく慣れるので、良い環境で飼ってあげると本当に犬や猫を飼った気分で味わえます。
このシルバー・アロワナは弱アルカリ性でも平気ですが、できれば買ってすぐのうちは中性から弱酸性にしてやった方が無難です。
シルバーアロワナではほかにも注意したい点として、少し成長すると夜中か明け方頃に水槽から飛び出してしまうことがあります。
さほど大きいとは思えないような隙間でも注意深く対策を怠らないことです。