ディスカスの特徴と飼い方

ディスカスの特徴と飼い方

「ディスカス」は、南米のアマゾン川流域に生息するシクリッドの種類の仲間ですが、その名前は、体型が円盤(ディスク)のような形をしていることからつけられました。
熱帯魚ディスカスの原種については、原種ディスカスは、改良種に比べると色合いが比較的地味なので、人気が低く見られがちな熱帯魚です。
しかしながら、手を加えない自然の美しさには、人工美にはない奥深い魅力があります。
エサは水生昆虫や動物性・植物性のプランクトンを好んで食べます。
卵は一度に50〜300個ほど産んで、両親で卵を守っていきます。
ディスカスの卵は数日で孵化して、その後、親魚は体から「ディスカスミルク」と呼ばれる粘液を出して稚魚に吸わせて両親で育てていきます。
「ディスカス」を購入して、自分で育てる場合は、水槽の中の水質は酸性から中性(pH5.5〜7)だと良く育つといわれています。
水で大事なことは、魚の排泄物や餌の食べ残しによってできるアンモニアの濃度が、限りなくゼロに近い軟水がよいといわれています。
熱帯魚用の水質は市販の水質テストキットで簡単に調べることができるので、あなたの水槽の水の水質がどうなのかをよく把握して、まめにチェックする習慣をつけるのが良いでしょう。
飼育していると一度は、病気になると言われていますが、熱帯魚の病気の多くは、水槽の環境状態に原因があることがほとんどです。
病気に関してはいろいろとありますが、こまめに観察して早期に手当てすることが大事です。